眠くても話す

思ったことをいろいろと。よもやま話にお付き合いくださいm(_ _)m

スポンサーリンク

24芸人にも忘れ去られるレガシー…

 

f:id:mazumazu7:20170524123604j:plain

少し前、「ドラマ24の面白さ」を力説している中居君を何度かテレビで見かけ、「新シリーズのレガシーの宣伝かな?」と思ったら、まったくもって無関係にジャック・バウアーの本家24の話だったのも記憶に新しいんですが、ここにきてまた。

明日のアメトーークの「海外ドラマ24芸人」も、やはりジャック・バウアーな模様。

 

インパクトがすごいんじゃ

あまりにも強引かつ豪快なジャック・バウアーの超人ぶりが見どころの一つでもあるわけで、そこが変わってしまっては物足りなくなるのは仕方ないにしても、「あの24が返ってきた!」的に宣伝されていた「24 レガシー」が、ここまで話題にならないとは…。

周囲の人を見てみても、「新しい24見た」と言っている人は誰もおらず。24と言えばジャック・バウアーインパクトがすごすぎるせいで、可哀相なくらい地味に見えるのがレガシーの不人気につながっているんでしょうか…。

 

ケーブルテレビで放映されていたので見た結果、盛り上がりに欠けるのは否めない…というのが個人的な感想でもあります。

一応こんな ↑ 具合にロゴとか一緒なのにも関わらず、無茶苦茶感が少ないせいで24らしさが出てないような…。

 

ホームランドのアリソンなんでね…

さらにレガシー、けっこう重要な役どころのCTUの女長官(元)をやっている役者さんが、同じく海外ドラマ「ホームランド」のアリソン役の女優さんなのもいただけない。がんばっている女長官なのに、アリソンの影がチラつくせいで、どうにも嘘ついてそうに見えるというかなんというか。

テロとの戦いだったり、国防だったりがテーマで、視聴者層もかぶりそうなドラマなのだから、同じ役者さんを出さなきゃいいのに…。

 

アメリカのドラマは人気があると何年も続くので、長く演じた役のイメージが付きまとうという弊害がすごいです。「ER 緊急救命室」のカーターなんて、個人的にはその筆頭で「フォーリングスカイズ」でエイリアンと戦っていても、外科医にしか見えない。。。

 

その点、ダーマ&グレッグのグレッグから脱却し、もはやBAUのホッチにしか見えなくなったトーマス・ギブソンはすごいと思っていたのに、ホッチ降板と聞いてショックが大きいです。ホッチのいないクリミナルマインド…(涙 

 

グレッグ時代のホッチ、若いだけじゃなく目力皆無でホッチらしさなし。役者さんってすごいもんですね。

 

と、話はずれまくりましたが、アメトーークの「24芸人」。かなり楽しみ♪ 明日が待ち遠しいです。

 

広告を非表示にする